WiMAXを契約する前に比較して安い業者を探そう

wi-fi

モバイルルーターを選ぶ

ポケットwifiを選ぶときは、よほど通信量が多くない限りは7GB/月の制限で十分です。また、WiMAXの範囲内であればそちらのほうが安く速い通信を利用することができます。比較をする際は各社の開催するキャンペーン情報にも注目しましょう。

レディ

現地での通信手段

中国国内で携帯電話を利用したい場合、レンタルサービスを利用すると便利です。中国国内の通信会社の端末が利用でき、日本で契約した携帯を使用する場合と比較して、割安な通信料で利用できる点が大きなメリットです。携帯電話のほかにもモバイルwi-fiなども貸し出しも行われています。

モバイルルータの選び方

女の人

安いプロバイダを選ぶ

WiMAXとはモバイルルータの一つで、スマートフォンなどのLTEと比較すると安定した高速通信ができ、月ごとの通信量の限度もないプランがあることが特長です。スマートフォンの月当たりの通信量が飛躍的に多くなった現在、スマートフォン一つでインターネットをすべて賄うという人も少なくありませんが、やはり通信量が多くなりがちなパソコンでは専用のネット環境があると助かります。しかし、自宅に光回線を引くほど高い費用をかけたくない場合や、出先でも高速インターネットを使いたい時などに、WiMAXは大きな選択肢の一つになります。WiMAXを扱っているプロバイダは複数存在します。大抵の人はメジャーな5つのプロバイダから選ぶことになるでしょう。初期費用や月額料金を比較すると、ほぼ横並びで差がない状態ですが、キャンペーンやキャッシュバックなどで差をつけています。キャッシュバックも現金の場合、商品券でもらえる場合などがあります。また、スマートフォンには契約に2年縛りがありますが、WiMAXにも最低契約期間というものが存在します。ほとんどのプロバイダは2年を最低契約期間に設定しています。プロバイダを比較するときは、2年間使うと合計で払う金額がいくらになるのかを計算して比較する必要があります。キャッシュバックが大きく関わり、プロバイダによってWiMAX通信の2年間の費用がかなり差が出てきます。キャッシュバックには申請が必要な場合もあるので、契約内容をしっかり確認しましょう。

メンズ

UQmobileを使う

格安SIMの1つでUQ mobileというものがあります。UQ mobileは格安SIMの中でも高い品質で通信することができるのが利点です。高速と低速を切り替えることでデータ量の節約ができたり、余った分は翌月に繰り越したりすることができます。